顔のシミを取りたい時にどうすればいいのか?

顔のシミを気にする女性

シミが取りたい

20代のころに何も気にせず、日焼けをしてそのまま。。

 

顔のシミを気にする女性

そんな生活を続けていたせいで、30代初めからシミが気になり始めました。

正直、後悔しています。

もっと若いころから日々きちんとケアをしていたら、こんなに悩むこともなかったんだろうと。

悩んでいてもしょうがないので、シミを取るためにどんな方法があるのか色々と調べてみました。

 

大事なことは、今ある以上に増やさないこと。

予防をきちんとする必要があります。

予防は体内からと体外から。

体内のケア

体外のケア

あなたはきちんと『ケア』していますか?

 

シミの原因

一番知られているのは、紫外線をガンガン浴びてしまい、活性酵素が発生。

この活性酵素がシミやたるみの原因になるということです。

 

シミは紫外線だけではなく、喫煙やストレスでも活性酵素が発生してシミになります。

 

シミといっても大きく5種類に分かれます。

1;老人性色素斑

お年寄りの女性を見ると、こめかみ付近にシミがあります。

一番一般的なシミと言ってもいいでしょう。

 

紫外線が主な原因と言われています。

 

2;肝斑

肝斑(かんぱん)は頬骨のあたりに、薄くボヤっと出来るシミです。

20代後半から40代前半にかけて出てくるようです。

 

女性ホルモンの影響が多いと言われています。

女性ホルモンは二つあります。

 

エストロゲンとプロゲステロン。

 

プロゲステロンは妊娠した時や、ピルの服用時に分泌量が多くなると言われています。

プロゲステロンの分泌量が多くなると、メラニンも一緒に多く排出されるようです。

 

それが、ストレスや睡眠リズムの乱れ、生活リズムの乱れとともに、シミに変わります。

 

産後の『シミ』の原因は、プロゲステロンの乱れと、夜泣きなどでの睡眠不足や生活リズムの乱れが、

肝斑につながります。

 

3;そばかす

白人の可愛い女の子などに、よくあるイメージです。

色素がもともと薄い人や、遺伝が最も多い原因と言われています。

 

大人になってから、急にそばかすが増える人もいます。

生活リズムの乱れや、夏に一気に紫外線を浴びすぎたことが原因と言われています。

 

4;炎症後色素沈着

いわゆる、『アザ』です。

切り傷や擦り傷などが、かさぶたになり、取れた後も薄く黒ずむこと。

ニキビ跡ややけど痕なども、色素沈着です。

 

通常、肌に受けたダメージが原因でメラニン色素を活発に作り出します。

 

年齢を追うごとに、メラニン色素の排出が上手く行きません。

年を取ると傷跡が残りやすい。

 

これは、メラニンの排出が上手くいっていないからです。

 

5;老人性ゆうぜい

年を取ると、イボが出来ます。

淡褐色や黒いイボです。

 

良性のイボが殆どですが、気になる人は病院で診てもらいましょう。

最近は簡単にイボを取ることが出来ます。

 

乾燥した肌が原因で、紫外線によって更に大きく厚くなって膨らむと言われています。

 

要注意なシミ

赤い『シミ』はガンの種と言われています。

これは、要注意です。

もし、赤い『シミ』が出来て気になるようであれば、直ぐに診てもらう事をオススメします。

引用;ためしてガッテン 動画

 

シミを取る選択肢は

選択肢は自分でするか、プロにしてもらうかを先ず決める必要があると思います。

シミを取る為に、

自分がどれくらいのお金を出すことが出来るのか?

そしていつまでに取りたいのか?

例えば、1カ月後に同窓会があるとか。

3週間後に気になる彼と初めてのデートをするとか。

期限が決まっているなら、絶対的にプロにお願いする必要があります。

 

プロとは

美容外科もしくは皮膚科、エステやサロンのどれかになります。

実は皮膚科でもシミは取れるんです。

ただ、美容外科は最新の器械や施術を行ってくれる可能性が高いです。

レーザー治療がシミ・くすみ・そばかす・黒ずみなどを取る方法のメインになります。

エステやサロンはシミを取るより治療の意味合いが強いです。

皮膚科では外用薬や内服薬。

塗り薬や飲み薬での対応がメインになります。

 

塗り薬

ハイドロキノン軟膏

漂白作用が強いのが特徴です。

 

トレチノイン軟膏

これは皮膚のターンオーバーを促し、メラニンを排出して潤いをよみがえらせる。

簡単に言うと、外部から自分の肌の復活力を助ける感じですね。

 

薬用 ケシミンはCMなどで有名ですね。

詳しくはこちらからどうぞ。

ケシミンクリーム

 

飲み薬

トランサミン

メラニン発生の一つとされる因子をブロックし、メラニン発生を抑制します。

ビタミンC誘導体

CMなどでも耳にしたことがあると思いますが、メラニンに働きかけ色素沈着を緩和します。

ビタミンE

ビタミンCと組み合わせると相乗効果が期待できる、若返り成分とも言われるのがビタミンEです。

L-システイン

メラニンの還元力が高い、美白効果が期待できます。これもビタミンCと摂取すると相乗効果が期待できます。

 

塗り薬が万が一肌に合わなくても皮膚科での処方なので、直ぐに別の治療薬・塗り薬を出してもらえる安心はあります。

そして費用は皮膚科が断然安くすみます。

保険もきくので普通に通院をするイメージで予算はOKです。

 

皮膚科での処方以外でも医薬品の塗り薬や飲み薬を入手する事は可能です。

きちんとした医薬品メーカーの公式サイトから購入出来ます。

医薬部外品という選択肢もあります。

*医薬品と化粧品の中間的な分類*

 

期限がかなり切羽詰っているなら美容外科でのレーザー治療です。

(皮膚科でレーザー治療を行っていても、保険適用外の可能性が強いです)

皮膚科での治療もある一定の期間は必要になります。

効果が感じられるまでに3カ月くらいは必要なようです。

shimi1

シミ予防

お金がある人は、ケアもプロにして貰うことが出来ると思います。

エステやクリニックでの美白ケア。

ケアする飲み薬で今一番話題で人気があるのが《プラセンタ》です。

ご存知の方も多いと思いますが、プラセンタとは胎盤のことです。

間違いなく美肌・美白への近道です。

ハッキリと言えるのは、胎盤は全ての始まりであり、創造の元です。

プラセンタエキス30,000mg高配合!!わたしのプラセンタ

今24,000円以上お得になるキャンペーンをしていました。

*いつ終わるか不明なので終了していたらごめんなさい*

 

予防をする意味で大事なのは毎日使う化粧品ですね。

シミやくすみが20代に比べて40代になるとどうして出るのか?

肌本来のセルフクリア機能が低下しているからなんです。

そこに注目したのが美白ブランドNo1のポーラさんです。

どうして美白ブランドNo1なのか?

先ずは歴代の『ホワイトショット』は、数多くのNo1を受賞していること。

さらに、美白に欠かせない《ビタミンC誘導体》は何を隠そうポーラさんが開発した成分なんです。

そんなポーラさんが今イチオシが

【カウンセリング A POLA】ホワイトショット

です。

累計出荷本数がなんと600万本の美容液\(◎o◎)/!

ホワイトショットは業界初のセルフクリア機能とメラニンロック機能、そして肌の糖化に着目した美白美容液。

美白のポーラさんは、『シミ』を気にする人のためにあるメーカーさんだと思います。

 

シミを隠す

どうしても時間がないときは隠す以外に手はありません。

隠す方法は、やはりお化粧ですね。

af9970047516